ワークショップ&トークイベント

2012年10月28日
「多様な人々とつくる ミュージアムのインクルーシブデザイン」を開催しました

2012年10月28日に、横浜市民ギャラリーあざみ野・レクチャールームにて、4年間の活動報告と成果の共有を兼ねて、ワークショップ&トークイベント「多様な人々とつくるミュージアムのインクルーシブデザイン」を開催しました。
約70名のミュージアムに関わるみなさん、一般市民のみなさんにお集まりいただきました。この時、発表されたのが「みんなの美術館 デザインノート」です。
この「みんなの美術館 デザインノート」は、「ユー ザーノート」、「課題ノート」、「アイデアノート」の3部で構成されており、このページからpdf版がダウンロードできます。
多くの方に活用していただき、「みんなの美術館プロジェクト」の思いが全国の美術館・博物館に広がっていくことを願っています。





■デザインノート ダウンロード方法■


一括ダウンロード

・すべてを知りたい
 →「みんなの美術館 デザインノート」全頁を一括ダウンロードできます。
(構成上、白紙を1枚含む)

 デザインノート

全62頁










分割ダウンロード

・まずはこちらをご一読ください
 →はじめに、3つのノートの活用方法・用語解説、INDEX。

 はじめに、活用方法

全5頁



・さまざまな来館者がどんな問題を抱えているか知りたい
 →「ユーザーノート(01〜07)」へ。障がいや年齢などのタイプ別に特徴的な「思い」を紹介。

 ユーザーノート

全16頁



・美術館の課題を探りたい
 →「課題ノート(01〜09)」へ。多くの来館者が美術館に求めている事をまとめました。

 課題ノート

全20頁



・よりさまざまな人が来館しやすいようにできることから始めたい
→「アイデアノート(01〜07)」へ。改善に役立つヒントやアイデアが詰まっています。

 アイデアノート

全20頁







▲ページトップに戻る

著作権表示