美術館×インクルーシブ×デザイン実行委員会

美術館XインクルーシブXデザイン実行委員会は、美術施設、NPO、学芸員、個人研究者によって構成されています。

実行委員会の成り立ちの背景にはメンバーの美術館での気づきと社会的流れがあります。

1970年代後半から1980年代に美術館の設立ラッシュがありました。その後1990年代に入り、ハードからソフトへの転換が行われました。その中で美術館教育普及活動の必要性が認識され、現在ワークショップ、ギャラリートークなどは一般的に定着してきましたが、いまだに「特別な場所」としての存在であることは否めません。また、障がいのある人を含めた個々の来館者の声をきく機会が不足しています。

「さまざまな人の立場から、美術館を検証したことはなかったのでは?」という素朴な疑問からこの実行委員会は生まれました。




Museum x Inclusive x Design Committee

This project is planned and run by the ‘Museum x Inclusive x Design Committee’consisting of museums and NPO, specialists, and researchers.

The origin of this committee lies in personal awareness of our members at a museum and social movements as backgrounds.

From late 70s to 80s, there was a boom of new art museum constructions. Such movements changed to software oriented ones in 90s. The importance of out reach activities, such as art museum education started to be understood by wider audience. Although such activities including workshops and gallery talks have become common, art museums are still regarded as a ‘special place’. And there are not enough opportunities for art museums to listen to the diversity of users including people with disability.

This committee was born from a simple yet important question: ‘There are many needs from people with diversity. Have we listened to and evaluated such voices in a museum?’




美術館XインクルーシブXデザイン実行委員会構成メンバー

エイブル・アート・ジャパン
横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)
平井康之(九州大学大学院芸術工学研究院 准教授)
梅田亜由美(女子美術大学美術館 学芸員)
半田こづえ(筑波大学大学院博士課程)
松浦昇(東京藝術大学大学院映像研究科博士課程)

このプロジェクトは花王・コミュニティーミュージアム・プログラムの助成を受けています。




The members of the Museum x Inclusive x Design Committee:

・ABLE ART JAPAN
・Yokohama Civic Art Gallery Azamino (Yokohama Arts Foundation)
・Yasuyuki HIRAI Associate Professor, Department of Design Strategy, Faculty of Design, Kyushu University
・Ayumi UMEDA Curator, Joshibi University of Art and Design Art Museum
・Kozue HANDA Doctoral Student, University of Tsukuba
・Noboru MATSUURA Doctoral Student, Tokyo University of the Arts

This project is sponsored by Kao Community Museum Program 2009.




▲ページトップに戻る

著作権表示